底面5段水槽リセット(改良)

 

大磯砂の酸処理も終わったので、連休に底面5段水槽を

リセットしました。

 

理由としては、レッドビーシュリンプ30匹が全滅してしまった

という事が一番大きいのですが、越谷のブリーダーさんの

環境を見させていただいたものを参考に取り入れて

5段水槽がうまく引き出せなかった場所があったので

それを直す為に行いました。

 

5段水槽がうまく引き出せない理由は、排水に使っていた

水道の蛇腹ホースが下の水槽にひっかかってガリガリと

音がなって引っかかる為だったので、そこに13Aの塩ビ管を

1本ずつ固定したら解消されました。

 

続いて、リセット作業ですが、これは単純に生体をバケツに

移して、中の砂利を抜いて、汚れた水を捨てて

同じように戻すだけです。

 

で、戻す時に今までの砂利の上に大磯砂を敷いいて

その上に更にA&Fのソイルを追加しました。

これは水草の成長が遅い所から、全体的に栄養が

足りていないと感じて、コケも生えにくい事から

ビーシュリンプのエサになるものも少なくなってしまうのでは

ないかと思ったから追加しました。

 

で、追加した量は、大磯砂15kgぐらい

A&Fソイルを8kgを4段に

一番上は別のBeeSand?(だっけな)のソイル8kgいっぱいのままです。

 

で、重ねてみた状態はこんな感じに

底面ろ過強化

 

高さが16cmくらいに対して、厚みが5cmくらいなので水のある

部分は大分少なくなってしまいましたが、この厚みで

バクテリアが繁殖してくれるようになれば成功です(´▽`*)

 

更にこの厚みを作る前に買っておいた底面フィルターを

1段に2個ずつの計8個設置しました。

 

 初めての底面濾過フィルターの購入だったのですが、

これは小型水槽用で高さは芯となる部分を切断する事で

短くできるので、調整しながら切っていくと、一番短い長さで

ちょうどいいサイズになりました。

(中の細い棒はゴムで両側を止めるのにピッタリサイズになる短さ)

パイプは測ってないですけど、2.5cmくらいでしょうか

 

これは90cm水槽の上段の20cmキューブにも使う予定なので

4個追加で買ってあるので、安いとはいえ12個分!!!

良い値段でしたが、これで水の循環とエアー供給が強力に

できるようになったのは大きなメリットです。

 

で、続いてこれを使うのに普通のエアーポンプを何個もつなぐのは

格好悪いですし邪魔。 という訳で初めてのブロワーも購入しました

 

 これの優れている点は、2個のモーターから左右2個ずつの

接続口がついていて、それぞれにエアーコックがついているので

個々のエアー量が調整できる点です。

それと使ってみての感想は、ノンノイズ1000より静かです!

(いえ、ノンノイズがうるさいというツッコミはなしで・・・)

 

これ1個で4口なので、3又分岐で1段の2個ずつの底面フィルターに

エアーを送れます。 単純にノンノイズもエアー量が多いですが

2個分以上の能力があるので、エアストーンが多少目詰りした程度では

問題ないくらいの性能ですね。 もちろんエアストーンの代えも

まとめ買いしてあります。

(本当は乾燥させれば再度使える石のが良かったのですが、

 今はプラストーンしかないみたいで・・・)

実物はこんな感じで、皆さん大きいと言いますけど自分としては

2個置いてるのとかわらないですし、1個でまとまった方がありがたいですね

底面フィルター強化

 

で、実際にどれくらいエアーが出てるのかですが、ちょっと見づらい画像ですが

底面フィルター強化

 

ボコボコと大きい泡がでてるように見えますが、小さい泡も出てます。

もしかしたら、エアー量が強いのかもしれないですが、そのうち適当な

ところで収まるかなと(笑)

 

まぁ水がきっちり循環してればOKです。

エアーも濾過槽に2個突っ込んでいたのに比べれば全然良いと

思います。

 

これで、5段全体は自作底面フィルターになって水を循環して

更にそれぞれの段で2つの底面フィルターが動いて、

エアーの供給をしてくれるようになりました。

 

余り水流が強いとダメとか、循環しすぎてもダメという事を

聞きますが、水槽内にはリングフィルターで作った隠れ家とか

石とか流木も入っているので、問題はないと思います。

(ちなみに越谷のブリーダーさんの水槽は、水流強めです!)

 

これでようやく5段水槽が落ち着いてくれたので、本来なら

ここでリベンジ! といく所なのですが、水槽が引き出し式で

引き出した時の揺れに過敏に反応してしまっていたように

感じたので、90cm水槽の生体を全部こっちに移動して

90cm水槽を次はリセットして、スネール撃退した上で

レッドビーにリベンジしたいと思います!!!

 

90cm水槽は自作オーバーフローなので、工夫して

底面式になるように底上げして、20cmキューブは

サイドフローですが、排水口にパイプを縦につけて

オーバーフローの排水と同じようにしているので

こっちも同じように底上げしていきたいなーと思ってます。

 

「レッドビーシュリンプを育てるのは、バクテリアを育てるのと同じ」

 

この言葉を目標として頑張りたいですが、本日は名誉の負傷として

引き出しを出したまま立って、ガッツン!!!

と、でかいタンコブを作ってしまったので、生体の移動とかは次の

機会に・・・・(近所の子供を巻き込んで、90cm水槽の魚を掬わせます(笑))

 

 

 


Filed under: メンテナンス — てんたか 3:23 PM  コメント(0)

大磯砂酸処理中(その5)

 

実は前回の酸処理の時に酢が6本余ってました。

10リットルのバケツだったんだけど、満杯まで水を入れて

10リットルだったみたいで

 

という訳で、今回使った酢をろ過して、余ったのを足して

次の20kgの大磯砂の酸処理をしたいと思います。

大磯砂酸処理ろ過

 

 

で、同じように水中ポンプを沈めて放置・・・

で、同じように泡が出なくなるまでかき混ぜつつ放置・・・

で、同じく煮沸しながら1時間放置・・・

 

最後に残った酢は、前回黒くなったのと違い、今回は

茶色っぽくなっていて、酢の匂いも弱くなってましたね

でも、大磯砂の酸処理はばっちりできてるみたいで

泡は全くでませんでしたし、濁りも少なかったです。

大磯砂酸処理

 

 

これで計40kgの大磯砂の酸処理が終了したので、

後は天日で乾かしてから水槽のリセットに入りたいと思います。

 

 


Filed under: アクア用品 — てんたか 4:52 PM  コメント(0)

大磯砂酸処理中(その4)

 

酸処理が終わったようなので次は酸抜きです

 

大きいタライに移してシャワーでジャブジャブと

洗っていきます(`・ω・´)b

 

先に25回も洗っているので、濁りはほとんど出ませんでした

大磯砂酸抜き

 

続いて、手順に書いてなかった方法ですが・・・

 

 

 

 

 

 

パスタ鍋はアクア用品です!!!

 

 

 

 

 

酢は熱に弱いので、匂いも味も熱で飛びます

なので、成分も分解されるかなーと念入りにして

熱で煮沸します。

パスタ鍋はアクア用品です!!

 

 

ちなみにフライパンと違って10kgを一気にいけるので、

火にかけて1時間放置しました(笑)

 

これで次の20kgもいける準備ができたなー


Filed under: アクア用品 — てんたか 4:46 PM  コメント(0)