コリドラスのトリートメント考察

 

いつも行っている店で聞いてみた。

詳しい人なのだが、自分ではトリートメントタンクで

様子を見て入れたりしないという店員さんだったので微妙かも

 

その人の意見としては、「新しいコリと既存のコリのストレス」で

全滅したのではないか。との事

 

90cmメイン水槽だけじゃなく、20cmキューブに入れていたのも

落ちているのだが、そういう事らしい

 

話しを聞きながら全く納得いかなかったので、長々と話を

突っ込んでいったのだが、どうやら店でトリートメント中と

書かれているのは、導入時にトリートメントしてから売り出して

いるのではなく、病気持ちの魚に限定してトリートメントを

しているみたいだ。

 

つまり、普通に売られているコリドラスはトリートメントされていない。

 

これで納得がいった。 何かしらの病気持ちだったのだろう。

既存のコリも同じ店で買っていたので、何かしら持っていたのかも

しれないので、お互いの病気が発症したのかもしれない。

 

ただ、外見からは病気らしき症状は見られなかったので

体の中で何かあったのかもしれない。

 

そこで、その点だけに絞って確認していくと、Fゴールドで

トリートメントすると良いという回答だった。 特に他のと

あわせて交互にする必要はないとの事

さらに、薬浴は魚に負担をかけるから、小さい固体では

むしろやらない方がいいとの事

 

いや、固体差に合わせて薄めればいいんじゃ?と思いながらも

話しを聞いていく

 ・購入時に水を多目にもらっておいて、その水でトリートメント3日

 ・本水槽の水で水合わせして、栄養をつけさせる1日

 ・また3日の薬浴

 ・その後導入

というのが自分としてはベストかと思ったけれど、購入後すぐに

水合わせをして、新しい水にして薬浴した方が良いと言われた

 

そうすると、違う環境でのストレス+水合わせダメージ+薬浴ダメージの

3つが重なってしまい、トリートメントタンク内で落ちるのが増えるのでは

ないかと思ってしまうのだが・・・

 

と、考えると初日にイトメで栄養回復させて、3日薬浴

水合わせ1日+イトメ、3日薬浴くらいが妥当なのかな

(エアレーションして冷暗所でイトメ3日もつかな・・・?無理か?)

 

ちなみにトリートメントタンクは、高さ10cm以内で奥行き20cm以内で

できれば、使わない時間が長いのでガラス以外で探したら、適度な大きさの

プラケースがあったので、それにしようと思ってます。

 

ドボン式のエアレーション兼フィルターので、蓋にはサランラップでも・・・w

 

夏近くになると温度対応ができないので、それまでに導入したいけど

まだ気持ちの整理がつかないので、準備だけしておこうと思います。

 

 


Filed under: コリドラス,メンテナンス — てんたか 1:36 PM  コメント(0)

換水ついでにレイアウト変更

DCIM0706.jpg

ほんの少しですけど、前から後ろにかけて高さがでるように変えてみました(o^o^o)

右の模造リーフは子供が欲しいと言うから入れてはいますが、取り除きたい…(笑)

元々は金魚用でしたが、でかくなりすぎて20キューブでは無理なんで仕方なく
真ん中少し左のナローリーフも、店でアマゾンソードの名前で売ってたのに…

前みたいに大きくならなくてきがつきましたね( ̄▽ ̄;)頼むぜ 行き付けの店!

あと気がついたのが、グッピーの子供が大量に濾過槽にいました

減ったのはわかっていたけど、狭いキューブだから親に…と思っていたら、まさかの濾過槽

すくえるのは戻しましたが、エビと一緒にまだまだ…
また近いうちにすくうかな( ̄▽ ̄;)


Filed under: メンテナンス,熱帯魚 — てんたか 3:57 PM  コメント(0)

換水ついでの追肥

DCIM0705.jpg

高さ54cm水槽なので、水抜きしたついでに追肥してあげます

イニシャルスティックというテトラのです

液肥もありますが一気にやらず、たまに入れてます

細かくこまめに追肥するのがコツらしいです

まぁ、田砂じゃないなら肥料の心配は余りないかもしれませんが(笑)


Filed under: メンテナンス,熱帯魚 — てんたか 3:46 PM  コメント(0)