水槽台作成(その1)


前にちょっとずつ作業をし始めたと書いた

水槽台の作成ですが、塗装の段階から大分つまづいているので

相当長い時間がかかりそうです(笑)



ですが、こんな感じの設計図ができあがったので、とりあえず

これだけでもアップしておきます。


【正面】

茶色は、SPF材の2x4材、緑色は1x4材の色分けです。

ちなみに全て白色で塗る予定です。

右側の枚数表示はルーバー扉にする為の羽の枚数です。



【正面2】

ルーバー扉が無い状態です。最下段の縦に伸びているのは、

耐荷重に耐えれるkg数を増やす為に入れています


【横&材料カット】

2x4材の接合面などの表面は、パテ埋めかボンドで埋めて綺麗に1枚板のようにしようと

思っていたのですが、MDF材が安かったので、これで表面を覆ってしまおうかと

1枚追加購入しました。また、1x4材の1820は別の事に使う予定ですが、

何かあれば予備として使う予定です


【台の組み方】

3段の水槽台を自作される方で、一番多い組み方をベースにしています。

2段目に載せるオーバーフロー水槽を載せる際の穴がどうしても

強度を落としてしまうので、さんざん考えて設計を繰り返してたどりつきました。


耐荷重は、構造計算をしている訳ではないので

実際どうなの?!って感じがありますが、ベースになっているのは

先人達で一番多かった組み方に更に補強をしているので

大丈夫だと思われますgoodgoodgood


ちなみに計算式で計算していくのが面倒だったので

こんなサイトを作ってみましたhappy01


というのも、設計図を作っている段階から、あんまり細かい作り方を

載せているアクアリウムサイトってどうなんだろう・・・?と思う所があり、

ざっくりとした作り方をこちらで紹介して、細かい部品なんかの作り方を

DIYのサイトで公開していきたいと思います。


ちなみに作成の目標は1ヶ月くらいでと思っていますが、

塗装⇒水研ぎ⇒塗装⇒水研ぎのループが時間かかるので

毎日1時間くらいずつ時間とって作業しています・・・・・

やっぱり素人に塗装は難しいですね・・・・sadsadsad


実は既に1週間くらいたってるんですが、家族からは

あれ邪魔なんだけど?annoy

と言われています・・・・ 凄い綺麗な物を作って見返す事と

こっそり3段にしているのが完成までバレないと思っているので

全然気にしないでやってますhappy02happy02happy02




Filed under: DIY — てんたか 6:31 PM  コメント(0)

水槽の中に虹?!


夕方近くになって西日が水槽にさしてきてるのを

ぼーっと見ていたんですが、ふと気が付いたのをパチリ


何枚も撮り直して、一番まともなのを選んではいるんですが、

クリックしてアップで見るとピンボケしています・・・(笑)


でも、今までこんな風になる事はなかったので、何かのタイミングかなんかで

偶然できた現象なんでしょうね~ とにかく範囲は小さいですが綺麗でしたhappy02





Filed under: 熱帯魚 — てんたか 9:01 PM  コメント(0)

ユーロEX90のエア噛み対策(その2)


先日ユーロEX90のエア噛み対策(過去記事)をしましたが、

まだ突然ゴボボボボボボボボボボボボボボボsign03sign03sign03

っと凄い勢いでエア噛みしてしまいます・・・


なので、前回やった部分は壊れてはいたけど

それが原因ではなかったようなので再度フィルターを

開けてみる事に


最初に疑ったのは、本体を開けた所にあるゴムパッキン

とりあえずここにシールテープを貼って戻して再稼動




・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・



ゴボボボボボボボボボボボボsign03sign03sign03





駄目な模様(笑)




しょうがないので、Google先生に相談してみると

始動時にサイフォンを動かす押しボタン?の所が怪しいので

上部部品をばらしてみる事にしました。


こんな感じの所のネジをはずしていって



こんな感じで6本取るとはずれました


6本のネジのサイズは同じですが、使っていたドライバーだと

押し込みながら回さないと、ネジ山をなめてしまいそうな小さいのでした



で、狙いの部品はココ



右に写ってるネジだけ大きいサイズですが、他の4本(裏側に1本あります)は

同じサイズのネジで、同じドライバーで簡単に取れました



で、これをどうやって分解するのかなー?と見回してみると

ネジがない・・・・sign02

もしかしたら分解できないようになってるのかなと思っていたら

ひねるだけではずれるようになっていました(笑)



んで、分解したらこんな感じに


簡単な仕組みだなー(笑) と思いつつ、パッキンのついている部品に

シールテープを貼っておきます


一応固定している部分にもシールテープを巻いてから元に戻して



後はネジで締めて、今度こそエア噛み対策終了sign03sign03sign03





・・・・・・・・・・・・・・・・・のはず(笑)



しばらく様子見てから、この後どうなったか続きをアップしますね♪







Filed under: メンテナンス — てんたか 1:32 PM  コメント(0)