水の中のきらめく青空

水の中から水面を見ると青くてキラキラ綺麗ですよね♪

Category: メンテナンス (page 2 of 10)

底面5段水槽リセット(改良)

 

大磯砂の酸処理も終わったので、連休に底面5段水槽を

リセットしました。

 

理由としては、レッドビーシュリンプ30匹が全滅してしまった

という事が一番大きいのですが、越谷のブリーダーさんの

環境を見させていただいたものを参考に取り入れて

5段水槽がうまく引き出せなかった場所があったので

それを直す為に行いました。

 

5段水槽がうまく引き出せない理由は、排水に使っていた

水道の蛇腹ホースが下の水槽にひっかかってガリガリと

音がなって引っかかる為だったので、そこに13Aの塩ビ管を

1本ずつ固定したら解消されました。

 

続いて、リセット作業ですが、これは単純に生体をバケツに

移して、中の砂利を抜いて、汚れた水を捨てて

同じように戻すだけです。

 

で、戻す時に今までの砂利の上に大磯砂を敷いいて

その上に更にA&Fのソイルを追加しました。

これは水草の成長が遅い所から、全体的に栄養が

足りていないと感じて、コケも生えにくい事から

ビーシュリンプのエサになるものも少なくなってしまうのでは

ないかと思ったから追加しました。

 

で、追加した量は、大磯砂15kgぐらい

A&Fソイルを8kgを4段に

一番上は別のBeeSand?(だっけな)のソイル8kgいっぱいのままです。

 

で、重ねてみた状態はこんな感じに

底面ろ過強化

 

高さが16cmくらいに対して、厚みが5cmくらいなので水のある

部分は大分少なくなってしまいましたが、この厚みで

バクテリアが繁殖してくれるようになれば成功です(´▽`*)

 

更にこの厚みを作る前に買っておいた底面フィルターを

1段に2個ずつの計8個設置しました。

 

 初めての底面濾過フィルターの購入だったのですが、

これは小型水槽用で高さは芯となる部分を切断する事で

短くできるので、調整しながら切っていくと、一番短い長さで

ちょうどいいサイズになりました。

(中の細い棒はゴムで両側を止めるのにピッタリサイズになる短さ)

パイプは測ってないですけど、2.5cmくらいでしょうか

 

これは90cm水槽の上段の20cmキューブにも使う予定なので

4個追加で買ってあるので、安いとはいえ12個分!!!

良い値段でしたが、これで水の循環とエアー供給が強力に

できるようになったのは大きなメリットです。

 

で、続いてこれを使うのに普通のエアーポンプを何個もつなぐのは

格好悪いですし邪魔。 という訳で初めてのブロワーも購入しました

 

 これの優れている点は、2個のモーターから左右2個ずつの

接続口がついていて、それぞれにエアーコックがついているので

個々のエアー量が調整できる点です。

それと使ってみての感想は、ノンノイズ1000より静かです!

(いえ、ノンノイズがうるさいというツッコミはなしで・・・)

 

これ1個で4口なので、3又分岐で1段の2個ずつの底面フィルターに

エアーを送れます。 単純にノンノイズもエアー量が多いですが

2個分以上の能力があるので、エアストーンが多少目詰りした程度では

問題ないくらいの性能ですね。 もちろんエアストーンの代えも

まとめ買いしてあります。

(本当は乾燥させれば再度使える石のが良かったのですが、

 今はプラストーンしかないみたいで・・・)

実物はこんな感じで、皆さん大きいと言いますけど自分としては

2個置いてるのとかわらないですし、1個でまとまった方がありがたいですね

底面フィルター強化

 

で、実際にどれくらいエアーが出てるのかですが、ちょっと見づらい画像ですが

底面フィルター強化

 

ボコボコと大きい泡がでてるように見えますが、小さい泡も出てます。

もしかしたら、エアー量が強いのかもしれないですが、そのうち適当な

ところで収まるかなと(笑)

 

まぁ水がきっちり循環してればOKです。

エアーも濾過槽に2個突っ込んでいたのに比べれば全然良いと

思います。

 

これで、5段全体は自作底面フィルターになって水を循環して

更にそれぞれの段で2つの底面フィルターが動いて、

エアーの供給をしてくれるようになりました。

 

余り水流が強いとダメとか、循環しすぎてもダメという事を

聞きますが、水槽内にはリングフィルターで作った隠れ家とか

石とか流木も入っているので、問題はないと思います。

(ちなみに越谷のブリーダーさんの水槽は、水流強めです!)

 

これでようやく5段水槽が落ち着いてくれたので、本来なら

ここでリベンジ! といく所なのですが、水槽が引き出し式で

引き出した時の揺れに過敏に反応してしまっていたように

感じたので、90cm水槽の生体を全部こっちに移動して

90cm水槽を次はリセットして、スネール撃退した上で

レッドビーにリベンジしたいと思います!!!

 

90cm水槽は自作オーバーフローなので、工夫して

底面式になるように底上げして、20cmキューブは

サイドフローですが、排水口にパイプを縦につけて

オーバーフローの排水と同じようにしているので

こっちも同じように底上げしていきたいなーと思ってます。

 

「レッドビーシュリンプを育てるのは、バクテリアを育てるのと同じ」

 

この言葉を目標として頑張りたいですが、本日は名誉の負傷として

引き出しを出したまま立って、ガッツン!!!

と、でかいタンコブを作ってしまったので、生体の移動とかは次の

機会に・・・・(近所の子供を巻き込んで、90cm水槽の魚を掬わせます(笑))

 

 

 

初めての水質チェック(PH)

 

レッドビーシュリンプを親水槽では増やしたいので

弱酸性のPH6~6.5ぐらいの維持とGH4~5が

良いみたいなので、両方の試薬を買ってみました。

 

で、新水槽と新水槽台と格闘している間に放置してたんですが

今日になり配管は完成して、明日以降にポンプを動かして

水漏れチェックと、接着剤などの悪い成分を出す為の

作業をしようと思っているので、そろそろ自分の水道水の

チェックをしてみようと思い、やってみました。

 

使ったのはテトラの製品です。

PHチェック試薬

瓶の裏にPHの色のチェック表があるのに後から気づきました

 

で、最初に水道水を測ります。

5mlを入れて、試薬を7滴入れます。

水道水のPH

7.5より高く、8.0に近い色のように見えます

 

次に今の飼育水を・・・・

飼育水のPHチェック

1滴ずつ入れてるだけではっきりと違いが・・・

5.0と6.0の間ですが、ほぼ5.0よりですよね・・・・

グッピーが元気に育っているんですが、相当PH低いですよね・・・(;´д`)

 

で、新しい水槽で使おうと思って5日くらいかき混ぜて洗っていた

砂利が入ったバケツの水を一応やってみました

砂利水のPH

明らかに8.0の色か、それ以上を挿してますよね・・・

高くなるとは思っていましたが、まさか8.0を超えるとは・・・・

 

 

まぁ言ってしまうと、掃除する時以外は水を足すだけだった本水槽

水槽が安定してくるとPHは下がると言われているので下がっているのでしょうが

5.0ちょいは酷すぎですよね(;´д`)

 

これにカルキ無効と+αのある添加剤を入れて足し水してたんですが

(本来は4in1のみでしたが、イベントでもらった物を交互に今は使っている)

急に換水すると、相当なPH変動がありますよね・・・・

 

そりゃPH高いのが好きなグッピーは水換えで寄ってくるはずだわ・・・・・

 

 

こうなってくると、ソイル8kgと砂利8kgは、効果的にとんとんとして

水が安定してPHが弱酸性になる頃がビーシュリンプを本格的に

考える時期(立ち上げ完了)で、足し水や換水時にはPHを落とした水を

入れないといけないという事がわかりました。

 

 検索でみてみると下げるものと上げるものがあるみたいで

PHを下げる添加剤(楽天charmさん)

とりあえず水道水を使うのは必須なので、この下げる物を

買っておいて、水が安定してきてからは上げる必要が出るのが

わかったので、そっちは常時入れるもので何か上げる効果(サンゴ石とか)で

対応するのが、徐々に効果が続くのでいいのかと調べてみようと

思います。

 

 

 

スネール全滅作戦の為のメモ

 

今の水槽には、水草から侵入したと思われる

巻貝がいます。

 

今まで生体兵器として、

 ・アベニーパファー

 ・ドワーフボーシャ

 ・オトシン

 ・オトシンネグロ

 ・サイアミーズフライングフォックス

なんかを入れてみました。

 

更に底砂に入っているのをほじくる

 ・コリドラス

 ・クーリーローチ

なんかも入れてみました。

 

でも、全くいなくならないです・・・・

 

 

次の水槽は、水草(マツモ・モス)のみ移動する予定なので

これは、水洗い・セラ スネイルEX・水草その前にを使って

2~3週間かけて確認して移行しようと思っています。

 

で、次の水槽が立ち上がった頃なので、3ヶ月以上先に

なると思いますが、そっちのろ材を使う前提で、今の水槽を

全リセットするつもりです。

 

なので、そこで完全なスネイル全滅作戦の始まりです!!!

今の構成は、本水槽90cm、サブ水槽20cm4本、濾過槽60cm

水量としては200リットルくらい?(ろ材・底砂・石・木などあるので)

 

この水量に対しての方法として、

1.水草を取り除く(処理方法は上にあげた方法)

2.生体をバケツに移す(新水槽のろ材+エアーろ過)

3.食塩と酢を大量に入れてポンプ循環(貝殻を弱くする)

4.2時間程放置してから、ろ材・底砂・石・流木を取り出し煮沸

5.水を完全に入れ替えて、スネイルEXを5倍量くらい入れて

  ポンプ循環

6.水を完全に入れ替えてポンプ循環(途中で水も入れ替えつつ)

7.水草その前にを90水槽とろ過槽分入れて、ポンプ循環

  (その後に、90への送水を止めて、20へ水を入れ替え送水)

8.水を完全に入れ替えてポンプ循環(途中で水も入れ替えつつ)

9.近くの店で売ってる竹炭(まとまって売ってるけど安い)を砕いてから

  大量に入れて、ポンプ循環で悪影響の残る成分を吸着させる

  (接触面積が増える程、効果があがる模様)

10.朝からやって、夕方過ぎくらいに再度水を全取替えして、

  新水槽からのろ過材を使い、全てを元に戻す

 

こんな手順で、

巻貝の硬い殻を弱くして駆除

残った卵も駆除

水草は様子見が必要だけど駆除

底砂・ろ過材・石・流木も駆除

水槽内と循環パイプやポンプ内も全て使用しながらで駆除

 

んで、最後に有害な要素を全て吸着して終了・・・

(これってどれくらいの時間が必要なんだろう・・・・)

人?の薬物誤服用時に活性炭(の成分なのかな?)を与える時には

1時間以内に入れて、30分~1時間で効果が出ると書かれている。

浄水器の説明では、大量に入れれば除去されると・・・(大雑把w)

 

まぁ、新水槽になったら、レッドビーとレッドチェリーとグッピーなんかは

そっちにいってるから、1日くらい置いてからのが安全かもなー

その時の生体の量とかで判断するかな

 

 

 

 

Older posts Newer posts