新しい水槽では、自作の底面フィルターを使おうと思っています。

底面フィルターは、底砂で生物ろ過をしてくれるので、底砂に

バクテリアが繁殖するので、エビの良いエサになるからですね。

 

で、その底面フィルターですが、色々考えた結果として

自作する事にしています。

 

これは値段というより、機能面で自分としては自作の方が

メンテナンス回数も減るし、メンテナンスする時にやりやすいから

良いのではないかと思った理由からです。

 

そこまでいたった理由として、いくつものサイトを参考にしたので、

今回は参考にしたサイトさんの紹介をさせていただきます(勝手に)

 

まず最初に底面ろ過でも目的によって2種類の違いがあると

教えてくれたサイトです。 アクア工房いちなまの店長ブログ

・猛進タイプ

 とにかく底面フィルター内の飼育水の循環率が突出していて、

 しかもフィルター全体に止域が出来づらいタイプ

・緩急タイプ

 循環効率はいいのですが、底面全体で循環するのではなく、

 フィルターの一部分に止域を設けて、底床に強い流れのあるところと、

 緩やかな流れのある場所を作り、それぞれの環境に適したバクテリアを

 繁殖させて、全体のバランスで水質を調整するタイプ

 

このどちらが良いという訳ではないですが、エビの場合には緩急タイプの方が

良い結果が出ているようです。 商品別に紹介されていますので、

是非、リンク先での説明を見る事をお勧めします(´▽`*)

 

 

続いて、1番最初にこんな感じで作ればいいのかーと

根本的な発想を作ってくれたサイトさんです。

熱帯魚の家☆

私はホースではなく全て塩ビ管でやろうと思っていますが、

猫防止のと底鉢のは両方ともに100円均一で買えたので

だいぶ安く作れそうです。

 

で、完全に逆転の発想をくれたサイトさんです。

アクアリウムin与那国島(淡水)

猫防止ネットだけで、横から底面フィルターの状態をひと目で

見れるようにしているんですよね!!! これはひと目見て

びっくりしました! おおおおお?! これしかないっ!!!

ってくらいに(笑)

 

んでも、同時に検索していたサイトで、この仕組みでは

うまくいかない事が書かれたサイトを見つけました。

適当な更新でコメント(1)を目指す

 ここでは、底鉢ネットではなくトレーを使っているのですが

その中はスカスカな状態ですので、猫防止ネットだけのと

ほぼ同じ状態ですね。 水を吸い込む穴が細かいので

より良いのかと思うくらいでした。

 

でも、補足で追記されているのですが、このやり方では

うまくいかなかった理由が書かれています。

 

というのも(書いてしまっていいのか迷いますが)、

ろ過フィルターは、底面全体でろ過する事で

底砂をろ材として使用できるメリットがあるのに、

パイプ付近の水しか吸わないという欠点があるのです。

穴の数も多すぎるのもダメなようですね。

 

と、ここまで色々なサイトを参考にさせていただいて

出てきた自分なりの底面フィルターは、

 1.猛進タイプにする。 止水域は塩ビ管の穴の位置や

   大きさで勝手にできるだろうし、底砂の上に石を置いたりすると

   そこの下が全て止水域になると予想できるため

 2.水を吸い込むパイプから、すぐに分岐して同じ量を

   給水できるようにできる配管にする

 3.給水パイプ付近は少ない穴で、遠い所は穴を多くする

 4.穴は小さい物では目詰りするので、それなりの大きさにする

   給水パイプは小さく、先は大きくを考えていたが、やめる事に

   更にメーカー製のようにスリット(切れ目)でしない理由は、

   1の止水域が作れるという所にもつながります。

 

なので、この考えで底面フィルターを自作したいと思います。

 

ちなみに材料は既に揃っていて、切り出したガラスから1個ずつ

コーキングして、水漏れがないかを試していますので、これが

終わったら、配管作業に入れるので、実際に作るところを写真で

近日中にアップできると思います。

 

 ちなみに、最後はネタではないのですが、インパクトがあったので

紹介させていただきます。 Water space