フローリング床補強の材料を搬入してから休憩して

いよいよ作業開始です!


まずは足で押さえながら、3本の角材の間に60cmに切った

2×4材を6本入れていって、それを90cmの2×4材で横に

押さえて、その上で束で仮固定します!!!

という全身を使う作業の為、もちろん途中写真は無しです(笑)


で、これがその仮固定後です


で、この束を4本設置できたら手と足をはなせるようになったので、

1本ずつ位置を決めなおして固定していきます。 ネジは束についていた物を

そのまま使いました

見えてる下側に2本と右側の見えないところに2本で固定しています。

ちなみに、中央の棒についてるナットは、束を固定した後の緩み防止ナットです。



順番に4本固定したら、次は間にはいっている固定されていない

60cmの2×4材をボルトで固定します。(100均のもので)



で、先につけていた束の下側を床下のコンクリートに固定します。

こんな感じになっているので



目一杯上までネジをあげて、下に隙間を作って

ボンド?コンクリート?よくわからないですが、店員さん

お勧めだったものをチューブでグニュ



で、上から締めていって、最後に緩み防止ナットを固定すれば完了です♪



本当なら、横からはみ出たのを上に盛り付けたほうが良いのかもしれないですが、

何年後か何十年後かに老朽化を心配して、同じ事をする時に取れないと

大変かなーと思いそのままにして断熱材を戻した完成がコレですhappy01


曲がって見えるのは、家が傾いているわけじゃないです(笑)

全体が入るように無理やりな角度で撮ったので、こんな感じにsweat02


ま、まぁ、何はともあれ補強を安くできたので、めでたしめでたし!

ちなみに、まだ家族には内緒でやってあります。


何故かと言うと、水槽が1個じゃ寂しいので、お店にあるような上に重ねていく

マンションタイプの水槽台なんかが欲しいなぁ~と思っている伏線として

補強した理由があるからですsmile


これでいつでも水槽台を作れるので、後は家族の機嫌をうかがいながら・・・・sign02