自作オーバーフロー水槽作成、次の(3)は実際に取り付けの所か?

と思われる方も多い(?)かもしれませんが、今回は水槽の下側部品を

作り直すという内容になります。

何故作り直すのか? という理由は、全て接着する事で作ってしまう予定でしたが、
長く使う事を考えると、途中でとりはずしができてメンテナンスがし易い物の方が良いかな!と

ホームセンターで良いものは無いかと探していたら、洗面関係のコーナーに
本体アダプターセットというものがありました。(738円)
ネジが2つついて、取り外しができるようになっています。
これとTSバルブソケットを組み合わせるといけるかなと・・・

次にピストル部分ですが、また新しく作りますw
TSエルボ40mmとTSエルボ13mmを使います。(198円、25円)

13mmのTSエルボを40mmの中に入るサイズに切ります。

続いて、この13mmTSエルボを差し込める穴を40mmTSエルボに作ります。
(画像は最初に間違えてあけた穴があります)

表面を整えてから13mmTSエルボを差し込みます。
パイプを仮に付けて押し込むと入りやすいです。

しっかりと接着剤を塗って、乾いた後にコーキングで固定します。
それで最初に用意していた本体アダプターセットとTSバルブソケットと組み合わせて
こんな感じになりました。
(40mmに挿した13mmTSエルボに更に13mmTSエルボをつないでいます)

全体図としては、最後に蛇腹の排水ホース(438円)をつなぐので
上から見るとこんな感じに

ここの部分はネジ式なので、水槽のガラス面を挟みこんでいるネジを緩める事無く
下側部分がはずれます。

ホース側もクリップ止めとネジ止めなので、どちらもはずれて掃除ができるようにしました。
バルブも付けてあるので、掃除の時に閉めれば水が流れ落ちてきません。

これで、オーバーフロー用の部品ができたので、後は三重菅の菅部分ですが、
今回は、せっかく?オーバーフローの穴をあけてやっていくのだからと理由を無理やり付けて
新しい水槽を買ってしまったので、それが来てから続きの穴空け+菅作成したいと思います。